JR蒲田駅西口より徒歩2分
ミナミナヨイイシ 03-3737-4114

夜20:00まで診療(受付は19:45まで) 仕事帰りに受診可能 
内科・外科・消化器内科・肛門外科
JR蒲田駅西口より徒歩2分 内科・外科・消化器内科・肛門外科 しのはらクリニック お盆期間中も、通常通り診療を行っております 東京都大田区西蒲田7-44-6 Tel:03-3737-4114
JR蒲田駅西口 駅前徒歩2分駅近くのクリニック 京急蒲田駅から徒歩10分  夜20時まで診療2012/5/14  新規開業!!この度、私共兄弟が育った蒲田の地で開院をさせて頂くことになりました。私共は相生小学校を卒業後に、ともに医師を目指し兄は東邦大学医学部、弟は東京医科大学に進学致しました。医学部卒業後は大学の研究室に籍をおき、大学病院をはじめ、総合病院・がん専門病院・海外留学などで様々な経験を積ませて頂きました。そこで学んだ専門的な知識を活かして、患者様にわかり易い言葉で先端の医療をご紹介するとともに、専門機関と連携をして、ガンなどの悪性疾患の早期発見・早期治療を目指して行きたいと思っております。また、どんな症状の患者様に対しても誠実に対応し、適切な治療をアドバイスさせて頂きたいと考えております。私共を育てて頂いたこの地域に、少しでも恩返しが出来るよう、一生懸命に努力して参ります JR蒲田駅西口 駅前徒歩2分駅近くのクリニック 京急蒲田駅から徒歩10分  夜20時まで診療 〒144-0051 東京都大田区西蒲田7-44-6 パシフィックタワー2F Tel:03-3737-4114 Fax:03-3737-4115JR蒲田駅西口 駅前徒歩2分駅近くのクリニック 京急蒲田駅から徒歩10分  夜20時まで診療 〒144-0051 東京都大田区西蒲田7-44-6 パシフィックタワー2F Tel:03-3737-4114 Fax:03-3737-4115

蒲田 西蒲田 JR蒲田 蒲田駅 駅近 駅前 徒歩 2分 20時 夜間診療 土曜診療 内科 外科 消化器 肛門 胃 腸 胃腸科 呼吸器 糖尿病 皮膚 泌尿器 循環器 乳腺胃カメラ 大腸カメラ 検診 ドック 超音波 レントゲン 心電図 静脈麻酔 無痛 NBI 早期がん 高血圧 不整脈 糖尿病 トリグリセライド 中性脂肪 高脂血症 HDL LDL コレステロール 痔 切れ痔 イボ痔 血便 潰瘍 腹痛 胃炎 食道炎 逆流性 食道 胃 大腸 直腸 肝臓 すい臓 胆のう 胆石 脂肪肝 肝硬変 B型肝炎 C型肝炎 アルコール性肝炎 がん 虫垂炎 盲腸 憩室 喘息 ぜんそく 肺気腫 肺炎 気管支炎 おでき イボ にきび はげ 湿疹 蕁麻疹 発疹 かゆみ しこり 巻き爪 陥入爪 タコ 魚の目 やけど 火傷 前立腺 血尿 頻尿 乳腺 乳腺症
内科:呼吸器 糖尿病 循環器 胃カメラ 大腸カメラ 検診 ドック 超音波 レントゲン 心電図 早期がん 高血圧 不整脈 糖尿病  トリグリセライド 中性脂肪 高脂血症 HDL LDL コレステロール 潰瘍 腹痛 胃炎 食道炎 逆流性 食道 胃 大腸  直腸 肝臓 すい臓 胆のう がん 喘息 ぜんそく 肺気腫 肺炎  気管支炎 湿疹 蕁麻疹 発疹 かゆみ
外科:皮膚  泌尿器 乳腺 レン トゲン 早期がん 痔 切れ痔 イボ痔 血便 食道 胃 大腸  直腸 肝臓 すい臓 胆のう 胆石 がん 虫垂炎 盲腸 憩室 おでき イボ にきび はげ 湿疹 蕁麻疹 発疹 かゆみ しこり 巻き爪 陥入爪 タコ 魚の目 やけど 火傷 前立腺 血尿 頻尿  乳腺 乳腺症
消化器内科:胃カメラ 大腸カメラ 検診 ドック 超音波 レン トゲン 静脈麻酔 NBI 早期がん 血便 潰瘍 腹痛 胃炎 食道炎 逆流性 食道 胃 大腸 直腸 肝臓 すい臓 胆のう 胆石 脂肪肝 肝硬変 B型肝炎 C型肝炎 アルコール性肝炎 がん 虫垂炎 盲腸 憩室
肛門科:検診 早期がん 痔 切れ痔 イボ痔 血便 がん 前立腺
蒲田 西蒲田 JR蒲田 蒲田駅 駅近 駅前 徒歩 2分 20時 夜間診療 土曜診療 内科 外科 消化器 肛門 胃 腸 胃腸科 呼吸器 糖尿病 皮膚 泌尿器 循環器 乳腺胃カメラ 大腸カメラ 検診 ドック 超音波 レントゲン 心電図 静脈麻酔 無痛 NBI 早期がん 高血圧 不整脈 糖尿病 トリグリセライド 中性脂肪 高脂血症 HDL LDL コレステロール 痔 切れ痔 イボ痔 血便 潰瘍 腹痛 胃炎 食道炎 逆流性 食道 胃 大腸 直腸 肝臓 すい臓 胆のう 胆石 脂肪肝 肝硬変 B型肝炎 C型肝炎 アルコール性肝炎 がん 虫垂炎 盲腸 憩室 喘息 ぜんそく 肺気腫 肺炎 気管支炎 おでき イボ にきび はげ 湿疹 蕁麻疹 発疹 かゆみ しこり 巻き爪 陥入爪 タコ 魚の目 やけど 火傷 前立腺 血尿 頻尿 乳腺 乳腺症
内視鏡検査(胃カメラ、大腸カメラ):胃カメラ 大腸カメラ 検診 静脈麻酔 無痛 NBI 早期がん 血便 がん 憩室 食道 胃 大腸  直腸
胃カメラ 検診 静脈麻酔 無痛 NBI 早期がん 血便 がん 憩室 食道 胃 大腸  直腸
大腸カメラ 検診 静脈麻酔 無痛 NBI 早期がん 血便 がん 憩室 食道 胃 大腸  直腸
採血で出来る簡便な胃がん検診!(ABC検診)
インフルエンザ予防接種
日本脳炎  DT(ジフテリア、破傷風の2種混合) MR(風疹、麻疹の混合) 風疹 麻疹(はしか) 肺炎球菌子宮頸がん(サーバリックス)
外科
外科の大きな枠の中にさらに専門性によって科が細かく分かれており、
例えば骨や筋肉に関することは整形外科、頭に関することは脳外科、心臓に関することは心臓外科、肺に関することは呼吸器外科、乳房に関することは乳腺外科、などと呼ばれています。また外傷(けが)などによる体表の傷やお腹の手術を行う(消化器外科)外科を総称して一般外科などと呼ぶこともあります。 当然、一人の人間が全ての科をこなすことは困難ですので、手術の必要があれば、それぞれの科で治療をお願いすることになりますが、
一般の方にとって、自分がどこの科にかかったら良いものなのか?手術をする必要があるのか?を判断することはとても難しいことだと思います。
しのはらクリニックでは「みなさんが気軽に相談できるホームドクター」を目指しております。
どうぞお気軽にご自分の症状をご相談ください。

外傷(けが)

消化器疾患(手術が必要となる急性疾患) 詳細  

肛門疾患 詳細  

切り傷(きりきず)
切り傷はその深さや傷の状態によって、縫わなくても良い場合、縫った方が良い場合があり、初期の見極めがとても大切です。初期の治療により、治るまでの期間が大きく変わることもあります。

擦り傷(すりきず)
子供の頃は多少の擦り傷があっても、「ツバをつけておけば治る」などと言って、良く放っておいたものです。しかし、ガーゼを剥がすとカサブタも一緒に剥がれてしまい、痛い思いをしたり、なかなか治らなかったり、傷あとが残ってしまったりした経験はありませんか?
擦り傷は、初期の治療がとても大切です。こんなささいな事で病院にかかっても良いのか?と考えずに、是非ご相談ください。

咬み傷
犬や猫に限らず動物の歯には多くの雑菌がいるため、動物による咬み傷は高率に感染を起こし、治るのにも時間がかかります。ほんの小さな指先の傷から腕全体が腫れ上がってしまう事もあるため、傷の大小にかかわらず、まず病院で診て貰いましょう。

やけど(火傷)
やけどはその深さによって重症度が分類されており、治療方針が異なります。またやけどをした範囲が広ければ、特にお子様などでは脱水に陥り易く、点滴などの処置も必要になることがあります。夏の“日焼け”などは、やけどの深さは浅くても、範囲が広いため注意が必要です。また一旦、感染を起こすと、治癒までに非常に時間がかかってしまいます。


消化器疾患(手術が必要となる急性疾患)
抗生物質や医療技術の進歩により、以前は手術でなければ治すことの出来なかった病気を、お薬や内視鏡、カテーテルなどを用いることによって治すことが出来るようになってきました。
しかしながら、未だに手術でなければ治すことの出来ない病気や、タイミングを逃すと生命を脅かす病気も多く存在します。手術の必要性を一般の方が判断するのは、とても難しいことだと思います。我慢をせずに、早いタイミングでご相談ください。

脱腸  [鼡径(そけい)ヘルニア]
乳幼児期と中年以降によく見られ、下腹部から鼡径部(足のつけ根)が膨隆したり、同部にしこりのようなものを触れることのある病気です。
手術をしなくても済む場合もありますが、放っておくと脱出した腸管が壊死してしまう事もあり、特に痛みを伴う場合には注意が必要です。お歳をめされた方々の中には「歳だから・・・」と諦められていらっしゃる方も多いようですが、ご高齢の方でも決して治療が出来ないという事はありません。お気軽にご相談ください。

盲腸(もうちょう)
お腹が痛くなる病気の中で、最も有名な病気の1つではないでしょうか?実は盲腸というのは俗称で、本当は急性虫垂炎(きゅうせいちゅうすいえん)といいます。
典型的な症状は心窩部(みぞおち)の痛みに始まって、徐々に痛みが右の下腹部に移動してきますが、経験的には典型的な症状を示す盲腸の方が少ないというのが印象です。またよくある病気として一般の方々にも知られる盲腸ですが、こじらせると非常に厄介で、未だに盲腸が原因で命を落とされる患者様もいらっしゃいます。右の下腹部が痛くなるような事があったら、早いうちにご相談ください。

腸閉塞(ちょうへいそく)
別名をイレウスといいます。腸閉塞の原因は様々ですが、頻度が高いのはお腹の手術を受けたことのある方に起きる腸管の癒着(ゆちゃく)によるものです。また最も危険なのは絞扼性(こうやくせい)イレウスといって、腸管の血流障害を伴うタイプの腸閉塞で、急激に症状が進行し放っておくと生命の危険性もあるため、早期の診断と手術が必要となります。腸閉塞の症状としては吐き気、腹痛、腹部の張り感などで、このような症状がありお腹の手術を受けたことのある方は早めの受診をお勧めします。

腹膜炎(ふくまくえん)
腹膜炎は様々な原因によって起きる腹膜というお腹の臓器を包んでいる膜に波及した炎症の事を言います。原因としては腹部の食道から、胃、十二指腸、空腸、回腸、結腸、直腸のどこかの消化管が破れて、消化管の内容が腹腔内(ふくくうない)に漏れ出した場合や、子宮や卵巣を含めた腹腔内の臓器に非常に強い炎症を伴う場合に見られます。主症状は腹痛で、程度にもよりますが、多くは今までに経験のしたことの無いようなお腹の痛みを伴います。時間単位で命取りとなりますので、そのような症状を経験したらすぐに受診をしなければなりません。


肛門疾患:肛門外科
肛門の病気も外科で扱う病気の一つです。痔(じ)と一口で言いますが、痔にはいくつかの種類がある事をご存知でしょうか?人に見せたくない部分ですし、何となく「痔なんてそれほど大ごとには至らないのでは?」とお考えの方も多いのではないかと思いますが、お薬だけでは治らない病気や、放置するとどんどんと状態の悪くなっていく疾患もありますので注意が必要です。

下記のような症状でご困りの方は、是非ご相談ください。
・便に血が混じる。
・おしりを拭いた際に紙に血がつく。
・便の色が赤黒い、もしくは黒い。
・最近になり、便秘がちになった。
・便秘と下痢を繰り返している。
・便が細くなった。
・おしり(肛門)の周りが痒(かゆ)い。
・おしり(肛門)の周りにイボのようなものがある。
・おしり(肛門やその周囲)が痛い、もしくは押すと痛みがある。
・おしり(肛門やその周囲)が痛く熱がある、もしくは熱っぽい。
・便をした際におしり(肛門やその周囲)が痛い。
・おしり(肛門やその周囲)が腫れている。
・腫れた部分が痛い、もしくは押すと痛みがある。
・おしりから分泌物が出る、もしくはパンツが汚れる。
・おしり(肛門やその周囲)にしこりがある。
・便の時におしり(肛門)から痔のようなできものが出てくる。
・おしり(肛門)の中から常に痔のようなできものが出ている。

上記の症状は肛門疾患で良く見られますが、上記のような症状を訴えて来られた患者様の中には大腸がんや直腸がんであったことも、少なくありません。がんは進行するまで、ほとんど症状を出してくれません。がんの初期症状を見逃さないようにご注意ください。

当院ではおしり(肛門)の診察のみでなく、内視鏡(大腸カメラ)を用いた大腸の検査も月曜日~土曜日まで行っております。お気軽にお問い合わせください。

内痔核(ないじかく:イボ痔)
いわゆるイボ痔です。肛門内の血流障害によって起きる病気で、立ち仕事の長い方や、便秘の方、排便時に過度にいきむ方、妊娠中の方など、要するに肛門から心臓に還る血液が肛門の静脈内にうっ滞し、静脈が異常に拡張してしまった状態です。主症状は排便時の出血と痔の肛門外への脱出で、痛みを伴う事はあまりありません。痔の程度はその症状によって下記の4つに分類されますが、手術の適応となるのはIII度とIV度の痔だけで、高度な痔の脱出や、多量の出血などを伴わなければ、無理に手術を行う必要はありません。

I度 :ごく軽度の痔の初期の段階で、痔の脱出はなく、症状は軽い出血程度のもの。
II度 :排便時に痔核の脱出を認めますが、自然に肛門内に痔核が戻るもの。
III度 :痔核が外に脱出して、指で押し込まないと中に戻っていかないもの。
IV度 :指で押し込んでも戻らずに、出たままの状態となってしまったもの。

治療法としては、①内痔核自体を切り取る方法、②ALTA療法といって痔を特殊な薬で固める方法、③ゴム輪結紮療法といって痔を縛る方法、などがありますが、③以外は十分な麻酔下に行わなければならないため、日帰り手術や入院での治療が必要となります。

外痔核(がいじかく:イボ痔)
外痔核もイボ痔の一種ですが、内痔核とは成因が全く異なります。いわゆる肛門にできる“血豆”のようなもので、便秘をしていて固い便が通った際や、強くイキんで肛門に一気に圧力が加わった際、また肛門を強く拭いた際などに起きます。血豆を経験したことがある方ならご存知だと思いますが、血豆は最初のうちは痛くても、1週間もすれば痛みが無くなります。ただし、血豆が体に吸収されるにはそれなりの時間が必要なため、しこりが無くなるのには1か月程度かかりますが、これは外痔核でも同様で、痛みが無くなってもしこりだけは残るという状態になります。
一般的には切る必要はありませんが、腫れがひどく痛みが強い場合には、局所麻酔下に切開をして血栓を外に出してあげるような処置を行います。

裂肛(れっこう:切れ痔)
いわゆる切れ痔です。症状としては血便や排便後の出血、またピリピリとした痛みなどです。肛門内の皮膚の部分が固い便や勢いよく出た便などによって裂けたことによっておこります。多くは排便のコントロールと軟膏の塗布で改善しますが、慢性的になるといつも切れる部分が潰瘍となり、ひどい場合には肛門が狭くなって手術が必要になることもあります。

肛門周囲膿瘍(こうもんしゅういのうよう)
肛門の皮膚と腸の粘膜の境目である歯状線(しじょうせん)にある肛門陰窩(こうもんいんか)という窪みから細菌(主に大腸菌)が侵入し肛門腺で菌が増殖することによって起きます。徐々に進行する肛門周囲の痛みが主症状で、ひどくなると38度以上の発熱を認めることもしばしばあります。通常は皮膚が自然に破れるか、皮膚を局所麻酔下に切開することによって、皮膚の下に溜まった膿を外に出してあげなければ改善しません。またこじらせればこじらせるほど、膿の溜まりも拡大し、良くなるのにも時間がかかりますので、早期の診断と治療が必要です。

痔瘻(じろう)
肛門周囲膿瘍の際にできた肛門陰窩からの道がふさがらずに、肛門内と皮膚との間に膿の通る瘻孔の出来てしまったものを痔瘻と呼びます。痔瘻には単純な痔瘻と複雑な痔瘻が存在しますが、いずれにしても根治するためには手術が必要となります。特に複雑な痔瘻は手術も難しく、せっかく手術をしても再発してしまうケースが多いため、肛門外科の専門家による手術が必要です。
当院では肛門外科専門病院と提携し、手術の必要な患者様をご紹介しておりますので、遠慮なくご相談ください。


Copyright しのはらクリニック All Rights Reserved.