JR蒲田駅西口より徒歩2分
ミナミナヨイイシ 03-3737-4114

夜20:00まで診療(受付は19:45まで) 仕事帰りに受診可能 
内科・外科・消化器内科・肛門外科
JR蒲田駅西口より徒歩2分 内科・外科・消化器内科・肛門外科 しのはらクリニック お盆期間中も、通常通り診療を行っております 東京都大田区西蒲田7-44-6 Tel:03-3737-4114
JR蒲田駅西口 駅前徒歩2分駅近くのクリニック 京急蒲田駅から徒歩10分  夜20時まで診療2012/5/14  新規開業!!この度、私共兄弟が育った蒲田の地で開院をさせて頂くことになりました。私共は相生小学校を卒業後に、ともに医師を目指し兄は東邦大学医学部、弟は東京医科大学に進学致しました。医学部卒業後は大学の研究室に籍をおき、大学病院をはじめ、総合病院・がん専門病院・海外留学などで様々な経験を積ませて頂きました。そこで学んだ専門的な知識を活かして、患者様にわかり易い言葉で先端の医療をご紹介するとともに、専門機関と連携をして、ガンなどの悪性疾患の早期発見・早期治療を目指して行きたいと思っております。また、どんな症状の患者様に対しても誠実に対応し、適切な治療をアドバイスさせて頂きたいと考えております。私共を育てて頂いたこの地域に、少しでも恩返しが出来るよう、一生懸命に努力して参ります JR蒲田駅西口 駅前徒歩2分駅近くのクリニック 京急蒲田駅から徒歩10分  夜20時まで診療 〒144-0051 東京都大田区西蒲田7-44-6 パシフィックタワー2F Tel:03-3737-4114 Fax:03-3737-4115JR蒲田駅西口 駅前徒歩2分駅近くのクリニック 京急蒲田駅から徒歩10分  夜20時まで診療 〒144-0051 東京都大田区西蒲田7-44-6 パシフィックタワー2F Tel:03-3737-4114 Fax:03-3737-4115

蒲田 西蒲田 JR蒲田 蒲田駅 駅近 駅前 徒歩 2分 20時 夜間診療 土曜診療 内科 外科 消化器 肛門 胃 腸 胃腸科 呼吸器 糖尿病 皮膚 泌尿器 循環器 乳腺胃カメラ 大腸カメラ 検診 ドック 超音波 レントゲン 心電図 静脈麻酔 無痛 NBI 早期がん 高血圧 不整脈 糖尿病 トリグリセライド 中性脂肪 高脂血症 HDL LDL コレステロール 痔 切れ痔 イボ痔 血便 潰瘍 腹痛 胃炎 食道炎 逆流性 食道 胃 大腸 直腸 肝臓 すい臓 胆のう 胆石 脂肪肝 肝硬変 B型肝炎 C型肝炎 アルコール性肝炎 がん 虫垂炎 盲腸 憩室 喘息 ぜんそく 肺気腫 肺炎 気管支炎 おでき イボ にきび はげ 湿疹 蕁麻疹 発疹 かゆみ しこり 巻き爪 陥入爪 タコ 魚の目 やけど 火傷 前立腺 血尿 頻尿 乳腺 乳腺症
内科:呼吸器 糖尿病 循環器 胃カメラ 大腸カメラ 検診 ドック 超音波 レントゲン 心電図 早期がん 高血圧 不整脈 糖尿病  トリグリセライド 中性脂肪 高脂血症 HDL LDL コレステロール 潰瘍 腹痛 胃炎 食道炎 逆流性 食道 胃 大腸  直腸 肝臓 すい臓 胆のう がん 喘息 ぜんそく 肺気腫 肺炎  気管支炎 湿疹 蕁麻疹 発疹 かゆみ
外科:皮膚  泌尿器 乳腺 レン トゲン 早期がん 痔 切れ痔 イボ痔 血便 食道 胃 大腸  直腸 肝臓 すい臓 胆のう 胆石 がん 虫垂炎 盲腸 憩室 おでき イボ にきび はげ 湿疹 蕁麻疹 発疹 かゆみ しこり 巻き爪 陥入爪 タコ 魚の目 やけど 火傷 前立腺 血尿 頻尿  乳腺 乳腺症
消化器内科:胃カメラ 大腸カメラ 検診 ドック 超音波 レン トゲン 静脈麻酔 NBI 早期がん 血便 潰瘍 腹痛 胃炎 食道炎 逆流性 食道 胃 大腸 直腸 肝臓 すい臓 胆のう 胆石 脂肪肝 肝硬変 B型肝炎 C型肝炎 アルコール性肝炎 がん 虫垂炎 盲腸 憩室
肛門科:検診 早期がん 痔 切れ痔 イボ痔 血便 がん 前立腺
蒲田 西蒲田 JR蒲田 蒲田駅 駅近 駅前 徒歩 2分 20時 夜間診療 土曜診療 内科 外科 消化器 肛門 胃 腸 胃腸科 呼吸器 糖尿病 皮膚 泌尿器 循環器 乳腺胃カメラ 大腸カメラ 検診 ドック 超音波 レントゲン 心電図 静脈麻酔 無痛 NBI 早期がん 高血圧 不整脈 糖尿病 トリグリセライド 中性脂肪 高脂血症 HDL LDL コレステロール 痔 切れ痔 イボ痔 血便 潰瘍 腹痛 胃炎 食道炎 逆流性 食道 胃 大腸 直腸 肝臓 すい臓 胆のう 胆石 脂肪肝 肝硬変 B型肝炎 C型肝炎 アルコール性肝炎 がん 虫垂炎 盲腸 憩室 喘息 ぜんそく 肺気腫 肺炎 気管支炎 おでき イボ にきび はげ 湿疹 蕁麻疹 発疹 かゆみ しこり 巻き爪 陥入爪 タコ 魚の目 やけど 火傷 前立腺 血尿 頻尿 乳腺 乳腺症
内視鏡検査(胃カメラ、大腸カメラ):胃カメラ 大腸カメラ 検診 静脈麻酔 無痛 NBI 早期がん 血便 がん 憩室 食道 胃 大腸  直腸
胃カメラ 検診 静脈麻酔 無痛 NBI 早期がん 血便 がん 憩室 食道 胃 大腸  直腸
大腸カメラ 検診 静脈麻酔 無痛 NBI 早期がん 血便 がん 憩室 食道 胃 大腸  直腸
採血で出来る簡便な胃がん検診!(ABC検診)
インフルエンザ予防接種
日本脳炎  DT(ジフテリア、破傷風の2種混合) MR(風疹、麻疹の混合) 風疹 麻疹(はしか) 肺炎球菌子宮頸がん(サーバリックス)
お知らせ

妊婦の風しん感染に伴う、赤ちゃんの先天性風しん症候群の発生を予防するため、大田区では風しんの抗体検査および予防接種の助成を行っていrます。
※各自治体により助成対象が異なりますので、必ずご確認ください。

大田区における大人の風しん抗体検査・予防接種の助成

助成内容 :①風しん抗体検査 ②風しん予防接種(麻しん風しん混合ワクチンも含む)
助成対象者:下記のホームページを参照してください。
実施期間 :下記のホームページを参照してください。 
実施金額 :無料
実施場所 :区内協力医療機関(当院でも実施しています)

詳しくは下記のホームページをご参照ください。
http://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/hoken/yobou_sessyu/otonanohuusinyobousessyu.html
 
【予防接種(ワクチン)のご案内】
予防接種には定期予防接種と任意予防接種があります。
・定期予防接種・・・予防接種法に基づいて市区町村が主体となって実施する公費負担(一部で自己負担あり)のもの
ジフテリア・百日咳・破傷風(DPT)、麻しん・風しん(MR)、水痘(みずぼうそう)、日本脳炎、ポリオ、Hib(ヒブ=インフルエンザ菌b型)、小児用肺炎球菌、B型肝炎、 結核、成人用肺炎球菌、HPV(ヒトパピローマウィルス)など。
・任意予防接種・・・希望者が自己判断で受ける自己負担のもの
A型肝炎、インフルエンザ、おたふくかぜ、ロタウィルス、髄膜炎菌など
 
接種回数
公費負担
または助成
費 用

日本脳炎

4
あり
¥7,500

DT(ジフテリア、破傷風の2種混合)

1
あり
¥5,000

MR(風疹、麻疹の混合)

2
あり
¥10,800

風疹

2
あり
¥6,000

麻疹(はしか)

2
あり
¥6,500

肺炎球菌

1
あり
¥9,500

インフルエンザ

1 or 2
あり
未定

水痘

2
あり
¥8,500

おたふく

2
¥7,000

A型肝炎

3

¥8,500

B型肝炎

3
¥6,000

破傷風

3
¥3,200

定期予防接種のスケジュールに関しては下記のサイトを参照してください。
https://www.niid.go.jp/niid/images/vaccine/schedule/2016/JP20161001.pdf

※定期予防接種でも定められた期間内に接種を受けなかった場合には、任意接種となり、基本的に全額自己負担となります。
※任意予防接種でも各市町村によって助成を行っているものもあります。
現在、大田区において任意予防接種の助成を行っているのは、高齢者肺炎球菌ワクチン・65歳以上のインフルエンザワクチンの2つです。いずれも適用となる年齢、期間等の制限がありますので、詳しくは大田区のホームページをご覧になってください。
http://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/hoken/yobou_sessyu/index.html

当院で扱っているワクチンについて
当院では下記のワクチンの接種を行っております。なお、接種はワクチンの管理・保管の都合により予約制とさせて頂いておりますが、予約はお電話でも受けつけております。
また接種は原則として9歳以上の方に行っています。

ご不明な点がございましたら、お問い合わせください。

 
日本脳炎ワクチン (第2期)
平成17年5月から接種の積極的勧奨を行わない取扱いとしていましたが、ワクチンも新しくなり、平成23年5月20日から再度接種の推奨を再開しました。
定期接種時期
第1期:生後6か月から7歳6か月未満(合計3回接種)
第2期:9歳から13歳未満(1回接種)
※なお、接種の勧奨差し控えの期間に、定期接種の期間が過ぎてしまった方につきましては、特例措置が適用されます。
 
DTワクチン (II期)
ジフテリア、破傷風の2種混合ワクチンです。
この時期では百日咳に罹っても症状が軽くて済むこと、注射部位の腫れが少なくてすむという理由から、3種混合から百日咳を除いています。
定期接種時期
11歳から13歳未満
 
MRワクチン
麻疹と風疹の混合ワクチンです。
※生ワクチンである事より、妊婦さんは接種を受けることが出来ません。また接種後に2ヵ月程度、妊娠を控えるなどの注意が必要です。
 
風しんワクチン (一部公費助成)
風疹(三日ばしか)の原因である風疹ウィルスに対するワクチンです。MRワクチンとして麻しんワクチンと同時に接種が可能ですが、麻しんワクチンを単独で接種された方や、麻しんに罹ったことがあり、麻しんに対しては十分な免疫がある方などが対象となります。
※生ワクチンである事より、妊婦さんは接種を受けることが出来ません。また接種後に2ヵ月程度、妊娠を控えるなどの注意が必要です
 
麻しんワクチン
麻疹(はしか)の原因である麻しんウィルスに対するワクチンです。MRワクチンとして風しんワクチンと同時に接種が可能ですが、風しんワクチンを単独で接種された方や、風しんに罹ったことがあり、風しんに対しては十分な免疫がある方などが対象となります。
※生ワクチンである事より、妊婦さんは接種を受けることが出来ません。また接種後に2ヵ月程度、妊娠を控えるなどの注意が必要です。
 
成人用肺炎球菌ワクチン
高齢者の市中肺炎の原因菌として最も頻度の高い肺炎球菌に対するワクチンです。肺炎は現在死因の第4位で、その数は増加傾向にあります。また、近年では抗生物質が効かない肺炎球菌が問題となっており、肺炎球菌ワクチンはそれらの菌に対しても有効なため、65歳以上の方には接種を強く推奨しています。

大田区では65歳以上の区民に対して助成制度を設けており、上限4,000円が助成されます。
詳しくは大田区のホームページをご覧ください。
http://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/hoken/yobou_sessyu/streptococcus-pneumoniae.html

 
インフルエンザワクチン
インフルエンザのワクチンは毎年、WHOの情報や、世界的な状況や国内での流行分析をもとに、国立感染症研究所や専門家らによってその年のインフルエンザワクチン株が決定されてから、ワクチンの製造メーカーによってワクチンが作成されます。上記の理由で、毎年異なったワクチンが作成されるので、医療機関に配布される時期も年によって異なるという訳です。
通常、65歳以上の方に対して区からインフルエンザワクチンの助成がありますが、ワクチンの接種時期になってから区の情報をご確認ください。
http://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/hoken/yobou_sessyu/index.html
 
水痘(すいとう)ワクチン
水ぼうそうの原因である水痘・帯状疱疹ウィルスに対するワクチンです。
生ワクチンで1歳から接種することが可能です。
成人になってから水ぼうそうにかかると、脳炎や肺炎を合併する率が小児に比べて高いことや、妊娠している女性では胎児に感染する危険性があるため、早い時期にワクチンを接種することをお勧めします。
 
おたふくかぜワクチン
流行性耳下腺炎(りゅうこうせいじかせんえん:おたふく)の原因であるムンプスウィルスに対するワクチンです。
生ワクチンで1歳から接種することが可能です。
成人になってからの発症では小児期に比べて重症化することが多く、無菌性髄膜炎・脳炎・睾丸炎などを合併症することがあるため、早い時期にワクチンを接種することをお勧めします。
 
A型肝炎ワクチン
聞きなれない名前かも知れませんが、肝臓に炎症を起こすウィルスの1つであるA型肝炎ウィルスに対するワクチンです。
不活化ワクチンで、16歳から接種可能です。
A型肝炎は世界中に分布するウィルスですが、特に上下水道が整備されている先進国では比較的に発生は少なく、衛生状態の悪い地域に多く認めらます。違う視点から見ると、先進国では抗体を持っている人が少ないため、しばしば集団発生が見られます。食事から感染することが多く、特効薬がないため、特に海外に行く方にはワクチンによる予防をお勧めしています。
   
B型肝炎ワクチン
肝臓に炎症を起こすウィルスの1つであるB型肝炎ウィルスに対するワクチンです。
不活化ワクチンで、生後すぐから接種可能です。
B型肝炎は感染しても症状がない場合もありますが、急性肝炎を起こす事がしばしばあり、劇症肝炎に移行すると致命率も高くなります。通常は感染をしてもキャリア(持続感染)化することは有りませんが、3歳以下で感染した場合にはウィルスが排除出来ずに慢性化し、肝硬変から肝臓がんの原因となり得ます。
感染経路は母子感染や血液感染、また近年、性交渉による感染が増えているため、早い時期での接種をお勧めしています。
 
破傷風(はしょうふう)ワクチン
破傷風菌に対するワクチンです。
破傷風菌は広く土壌に存在する菌で、非常に小さな傷からも感染を起こします。破傷風菌に感染すると、その死亡率は50%と高率であるため、日本では3種混合ワクチン(DPT)や2種混合ワクチン(DT)で定期接種の対象となっています。終生免疫ではなく10年程度でその効果が期待できなくなるため、よく指先などに怪我をされる方や土いじりをする方、また動物に咬まれる機会の多い方には接種をお勧めしています。

 

Copyright しのはらクリニック All Rights Reserved.